「企業調査」を依頼する前は、不安を感じるかもしれません。

トラブルをスムーズに解決できるプロに頼みたいですよね。

「企業調査」の業者を選ぶときには、報告書のサンプルを見せてもらえるか聞いてみましょう。

より細かく丁寧に書かれている書面であれば、裁判が有利に進みます。

今回は、報告書のチェックポイントについてまとめました。

パターン別の事項記載も紹介します。

業者によって形式は異なりますが、参考にしてみてください。

「企業調査」の結果を細かく報告書に記載する専門家を選びましょう。

 

「企業調査」を依頼する前に報告書チェックを

「企業調査」の依頼先は探偵・信用調査会社・興信所などでしょう。

業者に相談する際、報告書のサンプルをチェックするほうが無難です。

業界で定められた書式はありません。

各業者で設定しているテンプレートを使っており、内容は様々。

基本的に、書面・DVD・USBといったデータ形式でまとめます。

しっかりとした報告書を提供するかが、重要なのです。

もしも、

・社内でのセクハラ(パワハラ)

・社外での嫌がらせ(SNSへの書込み、誹謗中傷)

・社員による売上の持ち逃げ

・取引先の未払い

といったトラブルを解決するために法的措置を検討していませんか。

それなら、報告書は大きな証拠となります。

詳細が書かれてあれば書かれてあるほど、説得力が違います。

刑事事件、民事事件で損害賠償を請求できる確率が高くなります。

報告書サンプルで見ておきたいポイントをまとめました。

ポイント①詳細

報告書に記載する事項としては、以下のような点です。

・調査日時(期間)

・調査対象者

・調査目的

・依頼主

・実施場所

・結果

サンプルでも細かい時間が記してあり、画像が添付してあるとベストです。

ポイント②画像

報告書の添付写真も重要です。

別の角度から複数枚撮ってある

・解像度が高い

・人物や状況が判別できるほどの明るさを保っている

などを満たしているか、確認しましょう。

ポイント③事実

報告書に書かれる内容は、事実でなければいけません。

例えば「〜のため、おそらく〇〇であろう。」といった記述は避けるべきです。

探偵の推測や予想が入っていないかも確かめましょう。

 

「企業調査」の報告書サンプル

「企業調査」では、専門家によって報告書がまとめられます。

一般的に、この報告書を依頼主が確認することで完了となります。

具体的にどのような事項が書かれるか、4つの例を挙げます。

①信用調査の報告書サンプル

「企業調査」のひとつとして、取引先の情報を集めるケースを見てみましょう。

例えば、新規取引を始める・与信を判断するといった場合に使われます。

過去から現在・未来までをデータから読み解きます。

ビジネスパートナーを見極めるために、以下のような項目を集めていきます。

目安は1週間から3週間です。

・創業時期

・資本金

・取引金融機関

・従業員数(正社員・アルバイト・パート・派遣)

・主な仕入先

・業績

・役員、社長、代表者(家族関係も含む)

・株主

・支店数

・設備

②怪文書の報告書サンプル

「企業調査」には、匿名からの怪文書解析も含まれます。

手書きの場合、筆跡鑑定を行います

そのためには、犯人と思われる人物の書いたものが必要です。

日記・手紙・メモ・署名・契約書・履歴書などから、一致する文字・癖などを調べます。

比較出来る文字が多いほど精度が上がります。

鑑定結果をまとめた書類がもらえます。

おおよそ2週間から1ヶ月程度で結果が分かります。

・同じ文字の掲載

・筆跡の個性

・改ざんの有無

・鑑定人のコメント(同一人物か否か)

③行方不明者の報告書サンプル

「企業調査」では、一個人を調べる場合もあります。

雇用前に確認したい、売上金を盗んで逃げた、出社しなくなった、といった場合です。

聞き取り・尾行・SNS監視を実施するケースも。

故意に隠れている場合は難易度が高く、時間がかかります

・所在地

・聞き取りの情報

・行動範囲

・SNSアカウント(Twitter・Facebook・Instagramなど)

④盗撮・盗聴の報告書サンプル

自社内で「企業調査」するパターンとして、盗撮や盗聴が考えられます。

ライバル企業に情報が筒抜けだったり、引き抜きがされていたり、社内で機器が設置されている可能性があります。

期間は1日から3日程度が目安です。

・調査場所(受付、会議室など)

・間取り図

・調査方法の手段

・情報漏洩機器の有無

まとめ

「企業調査」の報告書について要点をまとめました。

注文前に、サンプルを見比べましょう。

以下の3点をクリアしているか、確認します。

・ポイント①詳細

・ポイント②画像

・ポイント③事実

より正確に書かれていれば、裁判で有利に働きます。

トラブルを解消するためのパートナーをしっかり選びましょう。

「企業調査」でお困りであれば、実績多数の専門家に依頼するのがベターです。

 

「企業調査」をご希望なら、当社スプラッシュジャパンにお任せください。

迅速・正確な調査で情報を集めます。

お気軽にお問い合わせください。