どの会社にも、不正受給の可能性は潜んでいます。

こんな風に感じたことはありませんか?

労災保険の不正受給が噂されている・・・。

通勤の経路とは違うはずなのに、社員を見かけた・・・。」

一人だけ、やけに接待交際費が多い気がする・・・。

どれも、会社に虚偽の申請をして、お金を取っているかもしれません。

この記事では、社内における不正受給の基礎知識をまとめました。

よくあるパターンも3つ挙げています。

思い当たる節があるのなら、すぐに調査を依頼したほうがいいですよ

不正受注とは?:企業を追い詰める可能性

そもそも、不正受給とはなんでしょうか。

その名前の通り、手当や諸費用を、会社から余分に受け取ることです。

「まさか自分の会社ではあり得ない。」と思っていませんか。

そのまさかは、いつ起きてもおかしくないんですよ。

目的は主に2つですが、どちらも企業に負担がかかることは間違いありません。

まずは不正受注の目的を確認しましょう。

不正受給の目的①利益

1つ目は、従業員の利益目的です。

通勤手当や交際費などを申請する際に、嘘の情報を記入するのです。

例えば、「東京都から埼玉県に引越したから交通費を増やして欲しい。」と言います。

会社が東京にある場合、通勤手当は大幅に増えますね。

事実なら、仕方ないでしょう。

しかし残念ながら、社員が余分にお金を受け取ろうとして偽装する場合もあるのです。

不正受給の目的②損害

2つ目は、企業への損害目的です。

①と同じように、虚偽の申請を行うこともあります。

商品や製品を横流しするパターンも含まれます。

企業に大きなダメージとなるだろうと分かっていながら、

あえて行動しているのです。

信じられないですね。

会社に在籍しながら、なんらかの恨み嫉みを持ち、

「こんな会社潰れてしまえ。」と思っている人もいます。

長年経営していたり、大人数を雇用していたりすると、悪意を持った人がいる可能性はありますね。

不正受給のよくあるパターン3つ

不正受注の基礎知識を確認しました。

さて次に、具体的な例を確認していきます。

社内の不正受注で多いのは、労災保険・通勤手当・接待交際費です。

思い当たる節があるのなら、早急に調査したほうが良いでしょう。

治っているのでは?労災保険

労災保険は、仕事や通勤でケガ(または病気)になってしまったときに支給します。

ざっくり言うと、給料の約6割を渡し、社員の生活を守るための制度です。

しかし、元気になったはずなのに請求し続ける人もいます。

頑張っている社員の士気を下げてしまいますし、それなりの金額になるので、即対策したいところですね。

ケース①うつ病・・・

精神的な病気の場合、ぱっと見ただけでは判断ができません。

様子を見に行ったときや、外で見かけたとき、調子が良さそうでしたか。

「たまたま今日は元気が良かった。」と言われれば、これ以上問い詰める事はできませんよね。

それなら、調査を依頼しましょう。

普段の行動を記録し、本当に病気なのか情報を集めます

申請していた症状と異なる場合、虚偽の証拠となります。

間違いありませんか?通勤手当

社員は、どのような方法で通勤しているでしょうか。

電車などの交通機関でしょうか。

車や自転車でしょうか。

ほとんどの会社は、交通費を支給していますよね。

細かい条件は異なりますが、距離や方法で金額が決まります。

会社に来るまでの行動は実際には確かめないことが多く、

申請書類を信じることになります。

通勤手当を不正受給する場合、2種類のケースがあります。

それぞれ確認しましょう。

通勤手当ケース①忘れていた

社員に悪気が無いパターンもあります。

例えば、「会社の近くに引越したけれど、申請を失念していた。

「時間がかからない経由駅に変えた。」と言うときです。

ですが、書類とは異なる以上、不正受給に当たりますね。

通勤手当ケース②悪意があった

実際の住所とは異なる住民票を提出し、

多額の交通費を受け取ろうとします。

過去には、東京都に住んでいながら栃木県へ転入した旨を伝えた者もいます。

会社が調査したことで発覚、懲戒解雇になりました。

もし貴社の社員が同じように偽の住所を申請していたら、

「バレないと思った。」と白状するかもしれませんね。

いつ・どこで・誰と?接待交際費

営業に接待は欠かせません。

取引先との会食などは、経営者が出席する機会も少ないでしょう。

経費の中でも内容が分かりづらいため、計上しやすいと言われています。

先方の人数を水増ししたり、白紙の領収書に書き込んだり、そういったことが出来てしまうのです。

ケース①プライベートなのに・・・

個人的に飲み食いした料金を、請求する人もいます。

他の営業と比べて接待交際費が高いのなら、一度調べたほうが無難です。

実は、「友人とカラオケに行った分でした。」なんてことも。

業務に関係ないので会社が支払う必要はありませんね。

まとめ

社内における不正受給は、経営を苦しめることになります。

前もって対策をしていても、どの企業でも起こり得ます。

 

不正受注とは?:企業を追い詰める可能性

治っているのでは?労災保険

間違いありませんか?通勤手当

いつ・どこで・誰と?接待交際費

 

「おかしいな?」と思ったら、調べましょう。

あなたの大事な会社を守るため、早めの対応をおすすめします。

 

社内の不正受給でお困りでしたら、当社スプラッシュジャパンにお任せください

迅速・正確な調査で証拠を掴みます。

お気軽にお問い合わせくださいね。